妊娠しやすい時期を知る為には、排卵チェッカーの使用がお勧め

私は結婚して1年以内に子供を授かり、今年は結婚して8年目になりますが、3人の子供を授かりました。

私たち夫婦は定期的に性生活を営み、その過程で運よく子供を授かることが出来ました。

しかし、世の中の夫婦には定期的に性生活を営んでいるにも関わらず2年以上子供を授かることが出来ない、いわゆる『不妊』とされる夫婦もいます。

この様な夫婦が少しでも妊娠の確立を挙げる為、女性が出来る方法として、排卵チェッカーによって排卵日を知る方法があります。

『排卵チェッカー』とは、排卵する前に一時的に上昇する『ヒト黄体形成ホルモン』を測定するものです。

排卵チェッカーに尿をかけることでヒト黄体形成ホルモンの急上昇したタイミングを知ることが出来ます。

薬局で購入することも出来ますが、プライバシーを守りたいと考える人は、インターネットでの購入をお勧めします。

専用のホームページでは、排卵チェッカーを使用するタイミングの情報を知ることが出来たり、排卵の可能性の予測などを行ったりすることが出来るものもあるそうです。

排卵検査の開始タイミングと測定時間

妊娠しづらい人が、妊娠のしやすい排卵日を知る為に使用する排卵チェッカーですが、今回はその使用方法を紹介します。

排卵がいつ起こるかを知る為に、どのタイミングで排卵チェッカーを使い始めれば効果的かというと、まずは、生理周期を知ることからです。

生理周期には個人差があるものの、平均的に28日周期と言われています。

生理周期が月によってまちまちの場合には、医師と相談して生理周期を決めるようにして下さい。

生理周期が28日の場合には、生理開始日から数えて11日目から排卵チェッカーを使用して検査するようにして下さい。

検査開始日から排卵予知サインが出るまで1日1回欠かさず検査を行うようにして下さい。

陽性サインが出てからより正確に排卵のタイミングを知りたい場合には、12時間おきに2回計測すると良いそうです。

排卵チェッカーの使用方法

尿検査というと朝一番の尿を取りがちですが、排卵予測での尿は朝一番のものは避けるようにし、なるべく毎日決まった時間に測定するようにしましょう。

検査の2時間前には水分を控えるようにしましょう。


Comments are closed.